「むかつく・・・」

21日は「孫の日」でした。 デパートへ ケーキを買いに行きました。 ショーケースの中に可愛い二つのケーキが・・・私の来るのを待って いたかのように目と目があいました。 何と1個@2,200円、孫のためなら高くはない。 20歳の孫には「クマさん」を、12歳の孫には「ミッキー」を・・・二人の …
コメント:6

続きを読むread more

「3・11」に思いあらた

昨日、東京では「名残り雪」が吹き荒れたようです。 ここ、房総では一日中冷たい「花時雨」とでも言うのでしょうか。 でも、やっぱり部屋の中はウトウトした春の温もりに包まれていました。 ところが、けたたましく鳴るアラートに, 眼を覚ましました。 目の前には何処のTV局かわかりませんが、慌ただしいアナウンス。 画面には、荒れ狂う悲…
コメント:5

続きを読むread more

金魚の里帰り

毎日何もすることも無くて、孫娘と飼い始めた金魚です。 その孫娘も、小学四年生になると友達との遊びに夢中で 可愛い金魚には目もくれません 今年83歳になる飼育係も足腰や視力までも衰え、水槽 の管理も大変です。 数日前、陽気に誘われて水槽の掃除をしました。 フイルターの取り換えも済んで水槽に新しい水が満たさ れました。…
コメント:0

続きを読むread more

今年もバラと共に・・・

Spring to be tainted with yellow  早春花「福寿草」が咲き「タンポポ」、そして「水仙花」、「菜の花」も今が見 頃です。 辺りは黄色く彩られているなか、公園はピンクの桜に染まり始めました。 この季節になると「バラ」も冬眠から目覚め 赤い蕾をどんどん増やし、 膨…
コメント:0

続きを読むread more

私の隠居部屋

行く当てもなく、来る当てもない、何もかもみんな遠くへ行ってしまった。 これまで、ひたすら行く当てのない山路を独り歩き続けてきた。 ふと、立ち止まり振り返えると、遠くにかすかな灯りが見えた。 ブログだった。 ブログの前に立って耳をすませば、中から懐かしいフレンドリーの声 が聞こえてくる。 ここは懐かしい…
コメント:0

続きを読むread more

 ”手紙出す 宛てもなし 来る宛てもなし”

「あけまして・・・今日は」 今の私にはこんな軽い挨拶しか見つかりません。ご無礼をお許しください。 9ヶ月もの長い間ブログを離れ、その間何かを探し求めているかのように 心は何時も大空を駆け巡っていたように思います。 何も手につかず、時には遠く過ぎし日を行ったり来たりして、それは空しく も悲しい日々でした。 他人の目には…
コメント:10

続きを読むread more

人生の未完成交響曲

年が明けて身体の何処が、如何って事でもないのに気力の衰えか、年 寄りの我儘とでも言おうか、あっさりと仕事から手を引いてしまった。 何時までも年齢をわきまえず、自分を主張する場所に しがみついてい る自分が不自然に思えるようになっていた。 思えばこの時世、この歳まで付き合って頂いた関係団体には頭が下がる。 私にとって、この先…
コメント:8

続きを読むread more